ブラックジャックのカードカウンティングの概要

2~6のカードに+1、10~エースのカードに-1 の数字を割り振ります。

シャッフルしてからカウントを開始し、デッキから引いた全てのカードを割り振った数字と一緒に覚えておきます。

カウント結果がプラスのときは、デッキ内のカードは数字の大きいカードに偏っています。この場合はベット額を増やしましょう。

ラウンド後にカウントがマイナスになったなら、デッキ内には数字の小さいカードが多く残っている可能性が高くなっています。この場合はベット額を減らしましょう。

このように、カウントに応じてベット額を調節していくのです。

インタラクティブカートカウンティングトレーナーガイドライン

インタラクティブカードカウンティングトレーナーは、適切なカードの引き方を学ぶためのアプリです。経験のない方でも、数学的に有効なブラックジャックのテクニックを学ぶために活用できます。

デッキから引いたカードを全て把握しなければならない、というのはカードカウンティングにまつわるよくある誤解です。カードカウンティングの習得に特別な才能はいりません。このトレーニングアプリでカードカウンティングの練習をしておきましょう。

カードカウンティングとは?

カードカウンティングとは、ブラックジャックのプレイ中に勝負に出るべきタイミングを見極めるためのテクニックです。これを活用してプレイヤー側に有利なタイミングではベット額を増やし、ディーラー側に有利なタイミングでは額を低く抑えるのがポイント。こうしてベット額を調節していけば勝ちやすくなるのです。

絵札やエースなど数字の高いカードは、ディーラーよりも参加者にとってプラスになることが数学的に示されています。逆に2~6までの低い数字のカードはディーラーにとってプラスに働きます。残りの7、8、9は本質的にどちらにとってもニュートラルなカードであり、どちら側の勝率にも影響しません。

トレーナーの使い方

アプリを起動したらまずは「シングルデッキ」スタイルを選び、「レート」設定を「スロー」 にして、合計時間を10分か15分から選びましょう。最初のうちは正確にカウントすることを目標にしましょう(スピードアップはその後です)。スローペースで100%正確にカウントできるようになったら、徐々にレートを上げていきましょう。レートを上げるとカードが画面に表示される時間が短くなるので、レートを上げてから精度が落ちてもショックを受けないように。レートを上げてから100%の精度でカウントできるようになったらレートをさらに上げていきます。これを繰り返し、最速のレートでも100%の精度でできるよう練習していきましょう。デッキを6つ使って練習するモードもあります。