Home カードカウンティング

Category: カードカウンティング

Post
カードカウンティングで勝つためのステップ

カードカウンティングで勝つためのステップ

インターネットゲームプラットフォームに登録すれば、主催者の異なる複数のブラックジャックトーナメントに参加することもできます。ブラックジャックのトーナメントでは、一番チップを集めた人が賞金を獲得できるもの。ですがオンラインカジノサイトによっては、複数テーブルのブラックジャックトーナメントが開かれることもあります。そうした大会では、テーブルごとのチップの量で勝敗が決まります。 ゲームのペース設定 オンラインでブラックジャックゲームをプレイしていると、現実のカジノでプレイするよりも1セッションごとの手札の数が多い場合があることに気づくでしょう。手札のセットが増えれば、有利になる手札も不利になる手札も珍しいパターンが出てくるもので、ゲームのペースが早ければ一層顕著になります。オンラインカジノによってはマルチハンドブラックジャックに類するゲームが遊べるものもあります。そうしたゲームでは、短時間のうちに目にする手札の種類がはるかに多くなることでしょう。 ブラックジャックの複雑さ リアルのカジノさながらのオンラインカジノで遊ぶうちに、様々な組み合わせでプレイしたりスプリットして勝率を上げるなどして莫大な賞金を得るチャンスに恵まれていることに気づくでしょう。ゲーム中に何が起きているかを常にチェックしましょう。ゲームの設定を絶対視して考えなしにプレイするのは絶対にだめです。現実のブラックジャックプレイヤーとは違ったやり方が必要です。多くのオンラインカジノゲームでは、それまで遊んだゲームで配られたカードの履歴を閲覧できるのです。過去の履歴を検索・分析し、正確なダイアグラムを作る上で非常に役立ちます。 安全なベット方法の例 ブラックジャックのペイアウトは多くの場合2対1。勝ってお金が増えたなら、もともとベットしていたお金を全て賭けたいもの。手札の数字が21になれば勝ちとなり、ディーラー側の手札が21になればその時点で負けとなります。ブラックジャックのペイアウトとハウスエッジの詳細については、「3:2 vs 6:5――ブラックジャックのペイアウト」の記事をご覧ください。ブラックジャックは複雑な判断を要するものです。実際のカジノでブラックジャックが出た後は用心しましょう。たとえば手札の数字が10であるとします。この時点でデッキに10以上のカードが多く残っていれば、ディーラー側の手札が21になる可能性が高くなりますよね。その場合は安全策を取っておくべきでしょう。まずはライブカジノで気軽に何ゲームを遊んでならしておきましょう。

Post
ブラックジャックのカードカウンティングの概要

ブラックジャックのカードカウンティングの概要

2~6のカードに+1、10~エースのカードに-1 の数字を割り振ります。 シャッフルしてからカウントを開始し、デッキから引いた全てのカードを割り振った数字と一緒に覚えておきます。 カウント結果がプラスのときは、デッキ内のカードは数字の大きいカードに偏っています。この場合はベット額を増やしましょう。 ラウンド後にカウントがマイナスになったなら、デッキ内には数字の小さいカードが多く残っている可能性が高くなっています。この場合はベット額を減らしましょう。 このように、カウントに応じてベット額を調節していくのです。 インタラクティブカートカウンティングトレーナーガイドライン インタラクティブカードカウンティングトレーナーは、適切なカードの引き方を学ぶためのアプリです。経験のない方でも、数学的に有効なブラックジャックのテクニックを学ぶために活用できます。 デッキから引いたカードを全て把握しなければならない、というのはカードカウンティングにまつわるよくある誤解です。カードカウンティングの習得に特別な才能はいりません。このトレーニングアプリでカードカウンティングの練習をしておきましょう。 カードカウンティングとは? カードカウンティングとは、ブラックジャックのプレイ中に勝負に出るべきタイミングを見極めるためのテクニックです。これを活用してプレイヤー側に有利なタイミングではベット額を増やし、ディーラー側に有利なタイミングでは額を低く抑えるのがポイント。こうしてベット額を調節していけば勝ちやすくなるのです。 絵札やエースなど数字の高いカードは、ディーラーよりも参加者にとってプラスになることが数学的に示されています。逆に2~6までの低い数字のカードはディーラーにとってプラスに働きます。残りの7、8、9は本質的にどちらにとってもニュートラルなカードであり、どちら側の勝率にも影響しません。 トレーナーの使い方 アプリを起動したらまずは「シングルデッキ」スタイルを選び、「レート」設定を「スロー」 にして、合計時間を10分か15分から選びましょう。最初のうちは正確にカウントすることを目標にしましょう(スピードアップはその後です)。スローペースで100%正確にカウントできるようになったら、徐々にレートを上げていきましょう。レートを上げるとカードが画面に表示される時間が短くなるので、レートを上げてから精度が落ちてもショックを受けないように。レートを上げてから100%の精度でカウントできるようになったらレートをさらに上げていきます。これを繰り返し、最速のレートでも100%の精度でできるよう練習していきましょう。デッキを6つ使って練習するモードもあります。