Home カードゲーム

Category: カードゲーム

Post
ブラックジャックの戦略――カードカウンティングの基礎

ブラックジャックの戦略――カードカウンティングの基礎

ブラックジャックの基本的な戦略を学べば、ダブルダウンするべきタイミングやスプリットするべきタイミングがわかります。例えば手札の合計が10か11のときは、大体の場合ダブルダウンするべきです。また10のカードが2枚手札にあるときはスプリットしない方が懸命です。一方、数字によってはスプリットしたほうが有利になる場合もあります。こうしたテクニックを言葉で詳しく説明するのは難しいもの。習得する一番の方法は、手順を書いた図を用意して練習することです。繰り返すうちに頭に入ってくるでしょう。熱心に取り組むことのできる人は少数ですが、熟慮を重ねて実践すれば莫大な勝ちにつながります。 オンラインカジノ最新入金情報:インターカジノ「入金できない」を完全解決! スプリットの勝率 細部にまで注意を払い、感情を制御し、自身を持ってゲームを進めていくという境地に到れれば、大胆にブラックジャックをプレイすることができます。これこそオンラインブラックジャックを遊ぶ上でのベストな方法といえるでしょう。例えば、同じ数字のカードを2枚持っているときに力を発揮します。最初に同じカードが2枚配られたなら、スプリットして別々の手札に分割できるのです。賞金額をアップさせるチャンスではありますが、場合によってはリスクも大きくなるもの。この場合に使える作戦とは? 10のカードが2枚来たなら話は変わってきます。ブラックジャックで勝つための戦略について学んでいきましょう。 ラブシェール法 10のカードが2枚あれば、21に近い数字になります。このテクニックを駆使しながら、ディーラーのカードをよく観察しましょう。ブラックジャックの作戦には2種類あります。ひとつはラブシェール法と呼ばれるもので、ゲームの展開に応じてベット額を変える方法。たとえば、最初に10ドル賭けた後は7ドル賭けるというように。元手が多ければ勝つ回数も増えていきます。効果的に活用できれば有効な戦術になるでしょう。 パロリー法もうひとつの手法はパロリー法と呼ばれます。これは勝った場合に掛け金を増やしていくという方法。最初に1単位の賭け金を決めてからゲームを始めます。運良く勝てた場合、次は1単位の賭け金に賞金を加えて賭けていきます。こうすれば高い利益が見込めますが、翻って見れば、同時に1回の負けで大きな損害が出る可能性もあるのです。エースあるいは8のカードを2枚引いた時はスプリットするようにしましょう。

Post
ブラックジャックの基本、カードカウンティングについて

ブラックジャックの基本、カードカウンティングについて

自宅で手軽に楽しめるオンラインカジノのゲームでも、人気上位に位置するのはブラックジャック。世界的に見ても人気のブラックジャックですが、このゲームで何より重要なのはテクニック。テクニックの有無で明暗が大きく分かれます。ここでは基礎的なものから高度なものまで、ブラックジャックのテクニックとその使い方を紹介していきます。ブラックジャック中の意思決定の指針になることでしょう。 ブラックジャックが他のカジノゲームと異なる点は、プレイヤー自身の選択で手札が決まり、結果としてゲームの勝敗まで左右する点です。これは最大のアドバンテージであるともいえます。長期的な勝ちを求めるならば、このアドバンテージを活かしていくのがいいでしょう。 ブラックジャックの戦略 基本的なアプローチとして、ディーラーの手札も考慮に入れた上で、これまでどのカードが配られたかを把握しておくというものがあります。ブラックジャック初心者にありがちなことは、気が大きくなってバストしてしまうこと。ですがシンプルなテクニックを活用することで勝率を上げることができます。 カジノで遊んでいるうち、一部のゲームにはハウスエッジが設定されていることがわかってくるでしょう。通常ブラックジャックのハウスエッジは、プレイヤーがプレイ中に適切な基本戦略を用いた場合、およそ0.5%となります。これはカジノのハウスエッジとしては最低ライン。100ドルのベットごとにカジノ側に0.5ドル入る計算になります。 プレイヤー側が戦略を使わない場合、ハウスエッジは2.5%以上にまで上がります。100ドルのベットごとに2.5ドル以上カジノ側に入る計算になるので、基本戦略が重要になるのです。 基本戦略を使うべき理由は明白ですね。 ただ、そうするとカジノ側の不利益になるのもまた事実。カードカウンティングは違法であると明示されてはいないものの、利益を損ねる可能性のあるカードカウンティングを禁止しているカジノは数多くあります。 カードカウンティング カードカウンティングとは簡単に言えば、ブラックジャックのゲーム中に配られたカードを記憶しておくというものです。ほとんどのカジノではラウンドごとに配られるカードの枚数が限られているため、今後何のカードが配られるかの見当がつくのです。カードカウンティングではまず、デッキ内のカードに-1、0、+1の数字を割り振っていきます。2~6のカードは通常+1となり、7、8、9は0、そして10からエースまでが-1となっているため、+1のカードの種類が一番多くなります。カードが配られる際、この基準に沿ってデッキ内に残るカードを記憶しておきます。デッキを複数使うゲームの場合は、デッキ全体を使われているデッキの数で割る必要があります。