Home Uncategorized

Category: Uncategorized

Post
ブラックジャックの戦略――カードカウンティングの基礎

ブラックジャックの戦略――カードカウンティングの基礎

ブラックジャックの基本的な戦略を学べば、ダブルダウンするべきタイミングやスプリットするべきタイミングがわかります。例えば手札の合計が10か11のときは、大体の場合ダブルダウンするべきです。また10のカードが2枚手札にあるときはスプリットしない方が懸命です。一方、数字によってはスプリットしたほうが有利になる場合もあります。こうしたテクニックを言葉で詳しく説明するのは難しいもの。習得する一番の方法は、手順を書いた図を用意して練習することです。繰り返すうちに頭に入ってくるでしょう。熱心に取り組むことのできる人は少数ですが、熟慮を重ねて実践すれば莫大な勝ちにつながります。 スプリットの勝率 細部にまで注意を払い、感情を制御し、自身を持ってゲームを進めていくという境地に到れれば、大胆にブラックジャックをプレイすることができます。これこそオンラインブラックジャックを遊ぶ上でのベストな方法といえるでしょう。例えば、同じ数字のカードを2枚持っているときに力を発揮します。最初に同じカードが2枚配られたなら、スプリットして別々の手札に分割できるのです。賞金額をアップさせるチャンスではありますが、場合によってはリスクも大きくなるもの。この場合に使える作戦とは? 10のカードが2枚来たなら話は変わってきます。ブラックジャックで勝つための戦略について学んでいきましょう。 ラブシェール法 10のカードが2枚あれば、21に近い数字になります。このテクニックを駆使しながら、ディーラーのカードをよく観察しましょう。ブラックジャックの作戦には2種類あります。ひとつはラブシェール法と呼ばれるもので、ゲームの展開に応じてベット額を変える方法。たとえば、最初に10ドル賭けた後は7ドル賭けるというように。元手が多ければ勝つ回数も増えていきます。効果的に活用できれば有効な戦術になるでしょう。 パロリー法もうひとつの手法はパロリー法と呼ばれます。これは勝った場合に掛け金を増やしていくという方法。最初に1単位の賭け金を決めてからゲームを始めます。運良く勝てた場合、次は1単位の賭け金に賞金を加えて賭けていきます。こうすれば高い利益が見込めますが、翻って見れば、同時に1回の負けで大きな損害が出る可能性もあるのです。エースあるいは8のカードを2枚引いた時はスプリットするようにしましょう。

Post
リアルに近づくオンラインカジノ

リアルに近づくオンラインカジノ

ブラックジャックの勝率は場合によって異なってきます。これは使われるデッキと、既に場に出た10扱いのカードの枚数によって変わってくるのです。無策でゲームに臨んだ場合、プレイヤー側は不利な立場に置かれます。また、1ゲーム中に複数のデッキが使われる場合プレイヤーの勝率はさらに下がる点にも注意しましょう。デッキが1つの場合ハウスエッジは約5.8%ですが、8つのデッキを使う場合は7.5%となるのです。 オンラインゲームの形態 最高級のオンラインカジノでブラックジャックをプレイするのは簡単です。カジノプログラムに対応したデバイスがあればベストでしょう。それがブラックジャックストラテジー――カードカウントの基本です。ブラックジャックで楽しむだけならダウンロードする必要はありません。重要なのはどのカジノを選ぶかよりも、認可された企業のものを選ぶことです。アカウント登録をする場合は言うまでもなく重要です。暗号化が施されたオンラインカジノであれば安全にゲームで遊べます。 1990年代に一般に広まり始めたインターネットカジノはまたたく間に人気を集めました。この20年で多くのオンラインカジノが成長を果たし、クリエイティビティーも増していった結果、オンラインカジノの体験はより濃密になっていきました。今やどのオンラインカジノも一定の水準に達しています。イラストやサウンド、ベット額やボーナスなどが一定のレベルに達した結果、新しいカジノプレイヤーにリーチしていく方向へと各社舵を切り始めました。 秘密保持 百聞は一見にしかず、とはよく言われますが、これは全くそのとおり。ウェブカメラの発展によって、現実のカジノとほぼ変わらない体験ができます。カードが配られているのを自分の目で見ることができたなら、ブラックジャックのカードカウント戦略を信頼して活用することができます。腕の立つディーラーの顔だけが見られるという事実は,オンラインで安心してプレイできるということ。勝率だけで勝負するかどうかを決める時代は過去のものです。 社交の場 オンラインカジノで現実のカジノの雰囲気を再現するのは不可能だと以前は信じられていましたが、それを覆したのがライブカジノです。他のプレイヤーとの交流はカジノの楽しみのひとつですが、ライブカジノではライブチャットができるので、他のプレイヤーとコミュニケーションを取り、ゲームの展開をチェックすることができます。まるでロサンゼルスのカジノで同じテーブルについているように、簡単に交流できるのです。

Post
カードカウンティングで勝つためのステップ

カードカウンティングで勝つためのステップ

インターネットゲームプラットフォームに登録すれば、主催者の異なる複数のブラックジャックトーナメントに参加することもできます。ブラックジャックのトーナメントでは、一番チップを集めた人が賞金を獲得できるもの。ですがオンラインカジノサイトによっては、複数テーブルのブラックジャックトーナメントが開かれることもあります。そうした大会では、テーブルごとのチップの量で勝敗が決まります。 ゲームのペース設定 オンラインでブラックジャックゲームをプレイしていると、現実のカジノでプレイするよりも1セッションごとの手札の数が多い場合があることに気づくでしょう。手札のセットが増えれば、有利になる手札も不利になる手札も珍しいパターンが出てくるもので、ゲームのペースが早ければ一層顕著になります。オンラインカジノによってはマルチハンドブラックジャックに類するゲームが遊べるものもあります。そうしたゲームでは、短時間のうちに目にする手札の種類がはるかに多くなることでしょう。 ブラックジャックの複雑さ リアルのカジノさながらのオンラインカジノで遊ぶうちに、様々な組み合わせでプレイしたりスプリットして勝率を上げるなどして莫大な賞金を得るチャンスに恵まれていることに気づくでしょう。ゲーム中に何が起きているかを常にチェックしましょう。ゲームの設定を絶対視して考えなしにプレイするのは絶対にだめです。現実のブラックジャックプレイヤーとは違ったやり方が必要です。多くのオンラインカジノゲームでは、それまで遊んだゲームで配られたカードの履歴を閲覧できるのです。過去の履歴を検索・分析し、正確なダイアグラムを作る上で非常に役立ちます。 安全なベット方法の例 ブラックジャックのペイアウトは多くの場合2対1。勝ってお金が増えたなら、もともとベットしていたお金を全て賭けたいもの。手札の数字が21になれば勝ちとなり、ディーラー側の手札が21になればその時点で負けとなります。ブラックジャックのペイアウトとハウスエッジの詳細については、「3:2 vs 6:5――ブラックジャックのペイアウト」の記事をご覧ください。ブラックジャックは複雑な判断を要するものです。実際のカジノでブラックジャックが出た後は用心しましょう。たとえば手札の数字が10であるとします。この時点でデッキに10以上のカードが多く残っていれば、ディーラー側の手札が21になる可能性が高くなりますよね。その場合は安全策を取っておくべきでしょう。まずはライブカジノで気軽に何ゲームを遊んでならしておきましょう。

Post
ブラックジャックのカードカウンティングの概要

ブラックジャックのカードカウンティングの概要

2~6のカードに+1、10~エースのカードに-1 の数字を割り振ります。 シャッフルしてからカウントを開始し、デッキから引いた全てのカードを割り振った数字と一緒に覚えておきます。 カウント結果がプラスのときは、デッキ内のカードは数字の大きいカードに偏っています。この場合はベット額を増やしましょう。 ラウンド後にカウントがマイナスになったなら、デッキ内には数字の小さいカードが多く残っている可能性が高くなっています。この場合はベット額を減らしましょう。 このように、カウントに応じてベット額を調節していくのです。 インタラクティブカートカウンティングトレーナーガイドライン インタラクティブカードカウンティングトレーナーは、適切なカードの引き方を学ぶためのアプリです。経験のない方でも、数学的に有効なブラックジャックのテクニックを学ぶために活用できます。 デッキから引いたカードを全て把握しなければならない、というのはカードカウンティングにまつわるよくある誤解です。カードカウンティングの習得に特別な才能はいりません。このトレーニングアプリでカードカウンティングの練習をしておきましょう。 カードカウンティングとは? カードカウンティングとは、ブラックジャックのプレイ中に勝負に出るべきタイミングを見極めるためのテクニックです。これを活用してプレイヤー側に有利なタイミングではベット額を増やし、ディーラー側に有利なタイミングでは額を低く抑えるのがポイント。こうしてベット額を調節していけば勝ちやすくなるのです。 絵札やエースなど数字の高いカードは、ディーラーよりも参加者にとってプラスになることが数学的に示されています。逆に2~6までの低い数字のカードはディーラーにとってプラスに働きます。残りの7、8、9は本質的にどちらにとってもニュートラルなカードであり、どちら側の勝率にも影響しません。 トレーナーの使い方 アプリを起動したらまずは「シングルデッキ」スタイルを選び、「レート」設定を「スロー」 にして、合計時間を10分か15分から選びましょう。最初のうちは正確にカウントすることを目標にしましょう(スピードアップはその後です)。スローペースで100%正確にカウントできるようになったら、徐々にレートを上げていきましょう。レートを上げるとカードが画面に表示される時間が短くなるので、レートを上げてから精度が落ちてもショックを受けないように。レートを上げてから100%の精度でカウントできるようになったらレートをさらに上げていきます。これを繰り返し、最速のレートでも100%の精度でできるよう練習していきましょう。デッキを6つ使って練習するモードもあります。

Post
ブラックジャックの基本、カードカウンティングについて

ブラックジャックの基本、カードカウンティングについて

自宅で手軽に楽しめるオンラインカジノのゲームでも、人気上位に位置するのはブラックジャック。世界的に見ても人気のブラックジャックですが、このゲームで何より重要なのはテクニック。テクニックの有無で明暗が大きく分かれます。ここでは基礎的なものから高度なものまで、ブラックジャックのテクニックとその使い方を紹介していきます。ブラックジャック中の意思決定の指針になることでしょう。 ブラックジャックが他のカジノゲームと異なる点は、プレイヤー自身の選択で手札が決まり、結果としてゲームの勝敗まで左右する点です。これは最大のアドバンテージであるともいえます。長期的な勝ちを求めるならば、このアドバンテージを活かしていくのがいいでしょう。 ブラックジャックの戦略 基本的なアプローチとして、ディーラーの手札も考慮に入れた上で、これまでどのカードが配られたかを把握しておくというものがあります。ブラックジャック初心者にありがちなことは、気が大きくなってバストしてしまうこと。ですがシンプルなテクニックを活用することで勝率を上げることができます。 カジノで遊んでいるうち、一部のゲームにはハウスエッジが設定されていることがわかってくるでしょう。通常ブラックジャックのハウスエッジは、プレイヤーがプレイ中に適切な基本戦略を用いた場合、およそ0.5%となります。これはカジノのハウスエッジとしては最低ライン。100ドルのベットごとにカジノ側に0.5ドル入る計算になります。 プレイヤー側が戦略を使わない場合、ハウスエッジは2.5%以上にまで上がります。100ドルのベットごとに2.5ドル以上カジノ側に入る計算になるので、基本戦略が重要になるのです。 基本戦略を使うべき理由は明白ですね。 ただ、そうするとカジノ側の不利益になるのもまた事実。カードカウンティングは違法であると明示されてはいないものの、利益を損ねる可能性のあるカードカウンティングを禁止しているカジノは数多くあります。 カードカウンティング カードカウンティングとは簡単に言えば、ブラックジャックのゲーム中に配られたカードを記憶しておくというものです。ほとんどのカジノではラウンドごとに配られるカードの枚数が限られているため、今後何のカードが配られるかの見当がつくのです。カードカウンティングではまず、デッキ内のカードに-1、0、+1の数字を割り振っていきます。2~6のカードは通常+1となり、7、8、9は0、そして10からエースまでが-1となっているため、+1のカードの種類が一番多くなります。カードが配られる際、この基準に沿ってデッキ内に残るカードを記憶しておきます。デッキを複数使うゲームの場合は、デッキ全体を使われているデッキの数で割る必要があります。